2012年06月19日

シュバイツァーC

「私が裕福でありさえすれば、人々の役に立つ立派なことをするのに」と人々は言う。

だが、人は誰でも、愛情と度量の広さに関してはいくらでも裕福になれるのだ。

さらに、もし注意して施しをするなら、最も助けを必要としている人たちが何を求めているか
しっかり把握すれば、自分自身の愛情に満ちた興味や関心を与えることができ、それは
この世のすべてのお金以上の価値がある。

アルベルト・シュバイツァー
posted by Arthur at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

スティーブン・コヴィーA

信頼はすべてを変えることができ、

成果を出すために、信頼がもたらすスピードほど速いものはない。

スティーブン・コヴィー
posted by Arthur at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

ラッセル・シュウェイカート

地球を見下ろしても、いくつの国境や境界線を繰り返し越えたのかはわかりません。

国境など見えさえしないのです。

あの目覚めの風景である中東では、何百人もの人々が、あなたには見えない想像上の線をめぐって殺し合っていることをあなたは知っています。

あなたが見ているその場所から見れば、それは一つの全体であり、非常に美しい姿をしています。

そしてあなたは、両方の側から一人ずつの手をとり、こう言うことができたらいいのに、と思うのです。

「この視点から見てごらんなさい。ほら、見て。大事なことは何ですか?」

 ラッセル・シュウェイカート(アメリカの宇宙飛行士。月着陸船の初の有人試験を行った、アポロ9号の月着陸船操縦士として241時間の宇宙飛行を行った)
posted by Arthur at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

ハリール・ジブラーン

あなたの子どもは、あなたの子どもではありません。

彼らは生命そのものが望んだ息子や娘なのです。

あなたを通ってやって来ますが、あなたからやって来るのではありません。

あなたといっしょにいますが、あなたのものではないのです。

子どもに愛を注いでもよいでしょう。でも、考えを与えてはいけません。

子どもには子どもの考えがあるからです。

あなたの家に子どもの体を住まわせてもよいでしょう。でも、その魂を住まわせてはいけません。

子どもの魂は明日の家に住んでいて、あなたの夢の中にでさえ、そこに立ち入ることはできないからです。

子どものようになろうと努めてもよいでしょう。でも、子どもをあなたのようにしようとしてはいけません。

生命は後戻りせず、昨日とともにとどまってもいないからです。

あなたは弓です。その弓から、子どもは生きた矢となって放たれます。

射手は果てしなく続く道にある的を見つめ、矢がすばやく、遠くへと飛んでいけるように、力いっぱいあなたをしならせます。

射手の手の中でしなることを喜びましょう。

なぜなら、射手が、飛んでいく矢を愛しているなら、同じようにとどまる弓も愛しているのですから。

 リハール・ジブラーン(1883-1931。レバノン出身の詩人、画家、彫刻家。オスマン帝国時代末期に現在のレバノン北部ブシャッレ(ブシャッリ)で生まれ、1895年にアメリカへ移住、ニューヨークで没した。「20世紀のウィリアム・ブレイク」とも称され、宗教・哲学に根ざした壮大な宇宙的ヴィジョンを謳う詩や絵画を残し、その作風は後世いろいろな詩人や政治家に影響を与えた。)
posted by Arthur at 13:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 作家・詩人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

バーナード・ショウB

これぞ人生の真の喜びと言えるのは、偉大な目的だと自分自身が認める目的に仕えること…自然界の力となることだ。

世の中が自分を幸福にするために身を捧げぬと愚痴をこぼす、熱に浮かされた、利己的でちっぽけな、病と不平不満の塊になることではない。

 ジョージ・バーナード・ショウ
posted by Arthur at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福・不幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

スティーブ・ジョブズE

リーダーと追随者を分けるのは、イノベーションだ。

 スティーブ・ジョブズ
posted by Arthur at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

スティーブ・ジョブズD

もし、今日が人生で最後の日だったら、

今日やろうとしていることは本当にやりたいことだろうか。

 スティーブ・ジョブズD
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

スティーブ・ジョブズC

死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。

古いものを取り除き、新しいものへと道を開くんだ。

 スティーブ・ジョブズ

posted by Arthur at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

平尾誠二

オレが持っているよりも、

あいつが持っているほうが

チームとしていい人間の手にパスが渡ることが

いいパスの定義だ。

 平尾誠二(1963-。元ラグビー日本代表選手、元ラグビー日本代表監督。中学入学と同時にラグビーを始め、高校時代、伏見工業高校の山口良治監督のもと、高校3年生の時全国制覇。その後、同志社大学へ進学し、同志社大学ラグビー部在籍時代には史上初のラグビー大学選手権3連覇に貢献。社会人(神戸製鋼)日本選手権で7連覇。現在は、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーであり、日本サッカー協会理事も務める。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

高橋宣行A

プロは切り捨てる。

アマチュアはすべてとり込む。

 高橋宣行(元博報堂製作部長)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。