2008年02月20日

リンカーンB

自分の主張を受け入れてもらおうと思ったら、

まず相手にとって自分は

誠実な友であると思わせなければならない。

 アブラハム・リンカーン
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

シェークスピアC

疑いは裏切り者だ。

やってみることに恐れを抱かせ、

手に入るかもしれないものまで失わせてしまう。

 ウィリアム・シェークスピア
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家・詩人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

ジョン・F・ケネディA

我々のもっとも基本的なつながりは、

我々全てがこの小さな惑星に住んでいることである。

我々はみな同じ空気を呼吸しているし、

我々はみな子供たちの将来を案じている。

そして、我々はみな死すべき運命にある。

(For, in the final analysis, our basic common link is that we all inhabit this small planet. We all breathe the same air. We all cherish our children's future. And we are all mortal.)

(1963年6月10日、アメリカン大学の卒業式での演説)

 ジョン・F・ケネディ
posted by Arthur at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

アンソニー・ロビンズ

成功とは、

到達すべき目的地ではなく、

前進し続けるプロセスなのだ。

 アンソニー・ロビンズ(1960-。アメリカの講演者・著述家。フォーチュン500社の企業のコンサルティングや、数々の著名人をコーチしてきた実績から、世界ナンバーワン・カリスマコーチと称される。主な著作に『一瞬で自分を変える法』『一瞬で「自分の夢」を実現する法』など。)
posted by Arthur at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

マックス・ウェーバー

一国の政治はしょせん、

その国の国民の

民度以上に出るものではない。

 マックス・ウェーバー(1864-1920。ドイツの社会学者・経済学者。リッケルトらの影響を受け、経済行為や宗教現象の社会学的理論の分野を開拓、「理念型論」を提唱し学界に大きな影響を与えた。政治については、心情倫理と区別された責任倫理を説く。主な著作は『職業としての政治』『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』『経済と社会』など。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

チャーチルB

我々は、

たとえその社会的地位がどんなに低くとも、

後世に何らかの影響を与えることを考慮して

生きなければならない。

 ウィンストン・チャーチル
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

徳川家康A

多くを与えねば働かぬような家臣は役に立たぬ。

また、人間は豊かになりすぎると、

結束が弱まり、

我説を押し通す者が増えてくる。

 徳川家康
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

スティーブン・コヴィー

成功へのハシゴに足をかける前に、

それが目当てのビルに立てかけてあるか確かめよ。

 スティーブン・R・コヴィー(1932-。アメリカの作家・経営コンサルタント。1952年、ユタ大学卒業。1957年ハーバード大学でMBA取得。その後、ブリガムヤング大学で学長補佐、および経営管理と組織行動学の教授を務め、現在はフランクリン・コヴィー社の共同創設者であり副会長。『7つの習慣』の著者として世界的に有名。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。