2009年05月07日

ケビン・スペイシー

俳優は一般人より成功したい、

賞を取りたいなどの欲望が非常に強いのですが、

その欲望が先走って失敗した人が多いのです。

問題は、欲望が何であるかを知ることと、

そのために何をすべきかを理解することは、

別のことであるということです。

 ケビン・スペイシー(1959-。アメリカの俳優。1986年『心みだれて』で映画デビューを果たすと、1991年にはニール・サイモン演出の『ロスト・イン・ヨーカーズ』でトニー賞を受賞。歌・ダンス・演技の全てをそつなくこなす俳優として次第に業界関係者の注目を集めるようになる。1995年に『セブン』の演技で大衆の注目を浴びると、同年の『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー助演男優賞をはじめとして数多くの映画賞を受賞し、映画俳優としての地位を確固たるものとした。また、1999年には『アメリカン・ビューティー』でアカデミー主演男優賞を受賞。最近では、脚本家・映画監督・プロデューサーとしても活動している。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳優・歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128824323

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。