2006年04月30日

二宮尊徳(金次郎)

私の願いは

人々の心の田の荒廃を開拓して、

天から授かった善の種を育てて

またまきひろめることにある。

心の荒廃を一人がひらけば、

土地の荒廃が何万町あろうと

恐れるものではない。

 二宮尊徳(1787-1856。江戸時代後期に「報徳思想」を唱えて農村復興運動を指導した篤農家・思想家。通称は金次郎)
posted by Arthur at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学者・思想家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17229338

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。