2006年05月26日

北里柴三郎

研究だけをやっていたのではダメだ。

それをどうやって世の中に役立てるかを考えよ。

 北里柴三郎(1852-1931。日本の医学者・細菌学者。熊本県生まれ。東京医学校を卒業後、内務省に勤務。33歳でドイツに留学、コッホに師事。破傷風菌の純粋培養、血清療法に成功。帰国後、北里伝染病研究所を設立)
posted by Arthur at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。