2006年08月27日

マーガレット・ミード

一握りの思慮深く真剣な市民が集まれば、

世界を変えることができる。

これまでも、世界はそうやって変わってきたのだから。

 マーガレット・ミード(1901-1978。アメリカの文化人類学者。文化がパーソナリティー形成に及ぼす影響を分析。主な著書に『サモアの思春期』『男性と女性』など)
posted by Arthur at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。