2006年09月02日

宇宙から見た地球

約20年前、スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗したサウジアラビア人飛行士が残した言葉です。

最初の1日か2日は、みんなが自分の国を指していた。
3日目、4日目は、それぞれ自分の大陸を指さした。
5日目にはみんな黙ってしまった。
そこにはたった1つの地球しかなかった。
(スルタン・ビン・サルマン飛行士)
posted by Arthur at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。