2006年11月27日

オスカー・ワイルド

教育は結構なものである。

しかしいつも忘れてはならない。

知る値打ちのあるものは、すべて教えられないものだということを。

 オスカー・ワイルド(1854-1900。イギリスの詩人・小説家・劇作家。代表作は戯曲『サロメ』『ウィンダミア夫人の扇』、小説『幸福の王子』『ドリアン・グレイの肖像』など)
posted by Arthur at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。