2006年12月02日

ベンサム

我々は、他人に幸福を分け与えることにより、

それと正比例して、自分の幸福を増加させるのだ。

 ジェレミー・ベンサム(1748-1832。イギリスの思想家。功利主義の代表者。快楽の助長、苦痛の防止をすべての道徳や立法の究極の原理とし、「最大多数の最大幸福」の実現を説いた。主な著作は『道徳及び立法原理論序説』など)
posted by Arthur at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福・不幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。