2007年01月10日

ラ・ロシュフーコー

どんなに不運な出来事でも、

賢人はそこから自分の利になることを引き出す。

しかし、どんな幸運な出来事でも、

愚者はそこから禍を引き出す。

 ラ・ロシュフーコー(1613-1680。フランスの公爵でモラリスト文学者。名門貴族の生まれで、多くの戦いに参加した後、『箴言集』を出版。一切を偽善と利己に帰する厭世的な考えだが、鋭い人間心理の分析で有名)
posted by Arthur at 23:01| Comment(0) | TrackBack(4) | 幸福・不幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

毎日・・・
Excerpt: 今日の意味を考えたことはありますか? 気くばりを残していきませんか?←クリック! 自分の望む未来のために、今日中にできる小さな一歩があるとすれば、それはどんなことだろうか? なんの為に今日がある..
Weblog: ▼驚異の成功・ビジネス・健康の常識と非常識▲
Tracked: 2007-01-12 22:53

ほんとうの紳士とは、自分の欠点を率直に言う人である
Excerpt: フランス・モラリスト文学の代表的作者にして公爵であるラ・ロシュフコー(ロシュフーコーとも)の「箴言集(マキシマム)」から。 にせものの紳士とは、自分の欠点を他人にも自分自身にも隠す人である。 ..
Weblog: 名言!迷言?こぼれ話
Tracked: 2007-03-06 19:14

ラ・ロシュフコーの言葉
Excerpt: 【職場のスピーチに役立つ名言集】 あまり賢くない人は、自分が理解できない事については何でもけなす 【言葉:ラ・ロシュフコー】 ...
Weblog: 悩んだときには名言集を
Tracked: 2009-03-08 00:35

ラ・ロシュフコーの名言
Excerpt: 人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、 それほど幸福でもない by ラ・ロシュフコー ◆説明 ┣不幸は人と比べて不幸なのであって...
Weblog: 悩んだときには名言集を
Tracked: 2010-03-12 19:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。