2007年03月19日

渋沢栄一

我も富み、人も富み、

しかして国家の進歩発達をたすくる富にして、

はじめて真正の富と言い得る。

 渋沢栄一(1840-1931。明治時代の実業家。『日本資本主義の父』といわれる。1867年、第15代将軍徳川慶喜の名代徳川昭武に随行してヨーロッパに渡る。約1年間滞在し、その思想・文化・社会などに大きな影響を受けた。帰国後は大隈重信の説得により明治新政府の大蔵省に仕え、財政の整備にあたったが、大久保利通らと意見が合わず辞職。以後は実業界の最高指導者として活躍した。第一国立銀行、王子製紙、日本郵船など近代の礎となる約500の企業の設立に関わったほか、600以上の公共事業・社会活動にも力を注いだ)


 
posted by Arthur at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・富 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36361755

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。