2007年07月23日

ベンジャミン・メイズ

人生の悲劇は、ゴールに到達しなかったことにあるのではない。

悲劇はゴールを持たないことにある。

理想を実現できないのは不幸ではない。

実現すべき理想がないことが不幸なのだ。

星に到達できないのは恥ではない。

到達すべき星を持たないのが恥なのだ。

失敗ではなく、理想の低さが罪なのである。

 ベンジャミン・メイズ(1894-1984。アフリカ系アメリカ人の教育者。米国アトランタの黒人系大学モアハウス・カレッジの第六代総長として、後に公民権運動を指導するキング牧師らに多大な影響を与えた。小作農の両親の元に生まれ、苦学して大学院を出て教育者となった。)
posted by Arthur at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢・挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。