2007年07月24日

下村湖人

お互いに助け合わないと生きていけないところに、

人間最大の弱みがあり、

その弱みゆえにお互いに助け合うところに、

人間最大の強みがあるのである。

 下村湖人(1884-1955。日本の小説家・教育者。佐賀県出身。東京帝国大学英文科卒。代表作は1936年より執筆した『次郎物語』。)
posted by Arthur at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49056701

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。