2007年09月18日

ジェームズ・アレンC

私たちは、

自分を環境の被害者だと信じているかぎり、

環境によって打ちのめされる運命にあります。

しかし、

「自分には、環境を育てるための土地と種(心と考え)を

自由にコントロールする力がある」ということに気づいたときから、

どんな環境でも克服できるようになります。

 ジェームズ・アレン
posted by Arthur at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福・不幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55960273

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。