2007年10月18日

ソクラテス

富める人がその富を自慢しても、

彼がその富をいかに使うかがわかるまで、

彼をほめてはならぬ。

 ソクラテス(B.C.470-B.C.399。古代ギリシャの哲学者。アテナイで活動。生涯を倫理の原理の探究にささげた。「無知の知」「アレテー(徳)」などの思想を説いた。その思想と努力はアテナイ市民に受け入れられず、最期は告発され死刑に処せられた。)
posted by Arthur at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・富 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61306988

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。