2007年12月06日

アルフレッド・スローン

失敗を気にしていては革新はできない。

打率三割といえば強打者と呼ばれるが、

それはつまるところ十回のうち

七回までが失敗だったということである。

 アルフレッド・スローン(1875-1966。GM(ゼネラル・モーターズ)元会長。1923年から1946年までGMのCEOを務め、経営危機にあったGMを立て直した。事業部制や業績評価など、現代にも大きな影響を与えるマネジメントの基本原則を打ち出した。63年に著した『GMとともに』は、瞬く間にベストセラーとなり、経営者のバイブルとして今なお読み継がれている。)
posted by Arthur at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71268312

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。