2005年11月02日

ミレー

他人を感動させようとするなら、まず自分が感動せねばならない。

そうでなければ、いかに巧みな作品でも決して生命ではない。

 ジャン=フランソワ・ミレー(1814-75。19世紀に活躍した写実主義の農民画家。代表作は『種まく人』『落穂拾い』『晩鐘』など)
【関連する記事】
posted by Arthur at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。