2008年03月26日

ガウディ

創造的たろうとして脇道にそれてはならない。

通常なされていることを観察し、

それをよりよくしようと努力すればそれでよい。

 アントニ・ガウディ(1852-1926。スペイン・カタルーニャ出身の建築家。18世紀後半から19世紀初頭にかけておこったアール・ヌーヴォーのスペインでの潮流であるモデルニスモ期を代表する建築家。首都バルセロナを中心に30点ほどの建築物が残されている。代表作としてはサグラダ・ファミリアがあまりにも有名で、世界遺産にも登録されている。ほかにグエル公園やカサ・バトリョ、カサ・ミラなどがある。)
【関連する記事】
posted by Arthur at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。