2011年10月15日

スティーブ・ジョブズD

もし、今日が人生で最後の日だったら、

今日やろうとしていることは本当にやりたいことだろうか。

 スティーブ・ジョブズD
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

スティーブ・ジョブズC

死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。

古いものを取り除き、新しいものへと道を開くんだ。

 スティーブ・ジョブズ

posted by Arthur at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

ヘンリー・フォードC

人生の成功の秘訣は、

何をすることが自分の運命なのかを発見することである。

あとはただ、それを実行するだけだ。

 ヘンリー・フォードC
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

セネカC

我々は短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。

我々は短い人生を受けているのではなく、われわれがそれを短くしているのである

 セネカ
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

ヘルマン・ヘッセC

人生の汚辱に対抗する最善の武器は、

「勇気」と「わがまま」と「忍耐」である。

 ヘルマン・ヘッセ
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

デール・カーネギーC

運命がレモンをくれたら、

それでレモネードをつくる努力をしよう。

 デール・カーネギー
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

芥川龍之介B

人生は死に至る戦いなることを

忘るるべからず。

 芥川龍之介
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

ウィリアム・ジェームズD

どんなに金言名句をたくさん知っていても、

どんなに良い気質を備えていても、

機会がくるたびに具体的に行動に出なければ、

人格は少しも向上しない。

単に良い意図を持っているだけでは、

人生はまさに地獄絵図になるだけである。

 ウィリアム・ジェームズ
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

ダライ・ラマ14世

真の幸せは

心の平安と充足感から生まれるものであり、

それは愛他主義、愛情と慈悲心を培い、

そして怒り、自己本位、貪欲といったものを

次々と根絶してゆくことによって

獲得できるものなのだ。

 ダライ・ラマ14世(1935-。チベット仏教の最高指導者。チベット北部のアムドのタクツェルの小さな農家に9人目の子供として生まれた。3歳の時に真正ダライ・ラマの化身第13世の転生と認定され、ジェツン・ジャンペル・ガワン・ロサン・イシ・テンジン・ギャツォ(聖主、穏やかな栄光、憐れみ深い、信仰の護持者、智慧の大海)と名付けられた。チベット動乱の際にラサからインドに政治亡命し、以降はインド北部のダラムサラに居住して、チベット亡命政府を率いている。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

リンカーンC

自分が今どこにいて、

どこに向かっているのかわかれば、

何をどのようにすればいいのかがもっとよくわかる。

 アブラハム・リンカーン
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

後藤新平

金を残して死ぬものは下だ。

仕事を残して死ぬものは中だ。

人を残して死ぬものは上だ。

 後藤新平(1857-1929。明治・大正・昭和初期の政治家。外科医でもある。台湾総督府民政長官、南満州鉄道株式会社総裁、内務・外務大臣等を歴任。その後、東京市長、関東大震災直後に内務大臣・復興院総裁として帝都の復興計画を立案し、東京の近代都市としての骨格を作り上げる。晩年は政治活動のほか、青少年の育成にも尽力し、ボーイスカウト日本連盟の初代総長を務めた。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

アメリカ・インディアンの教え

あなたが誕生した時、

あなたは泣いて、世界は喜んだ。

あなたが死んだ時、

世界が泣き、あなたが喜ぶ。

そんな人生を送りなさい。

 アメリカ・インディアンの教え
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

リンドバーグ

なんと大洋の美しいことよ!

なんと大空の澄んでいることか!

点のような太陽!

何事が起ころうと、

この瞬間、

生きていることでたくさんだ。

 チャールズ・リンドバーグ(1902-74。アメリカの飛行家。1927年に「スピリット・オブ・セントルイス」と名づけられた単葉単発単座のプロペラ機でニューヨーク・パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功。1931年には北太平洋横断飛行にも成功した。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

ゲーテD

中途半端にやる習慣を脱し、

全体の中に、

善いものの中に、

美しいものの中に、

決然と生きることを心がけよう。

 ゲーテ
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

チャーチルB

我々は、

たとえその社会的地位がどんなに低くとも、

後世に何らかの影響を与えることを考慮して

生きなければならない。

 ウィンストン・チャーチル
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

石川啄木

人生をタテに見れば

理想も希望もあり、

これをヨコに見れば、

生存競争の痛ましい精力消耗の戦いと見える。

 石川啄木(1886-1912。明治時代の詩人・歌人。岩手県生まれ。本名は石川一(はじめ)。与謝野寛夫婦に師事。社会思想に目覚め、和歌の改革を志して口語を交えた三行書きで生活感情を詠んだ。代表作は歌集『一握の砂』『悲しき玩具』など)
posted by Arthur at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

キング牧師B

人は何のために生きているかをいつも考えねばなりません。

この問題が解決されるとき、

その人は死についてあまり考えなくなります。

人生の意義はあなたが人生から逃れることでなく、

何を与えるかなのです。

これがわかれば人生は豊かになります。

 マーティン・ルーサー・キング
posted by Arthur at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

中村天風

一切の人生の果実は、

その人の蒔いた種子のとおりに表現してくる。

 中村天風(1876-1968。天風会創始者。日本初のヨガ行者。30歳にして肺結核による死の宣告を受け、打ち勝つ方法を求めて世界中を回り、カイロでインドのヨガ聖人カリアッパと出会い弟子入りする。帰国後、東京実業貯蔵銀行頭取をはじめ実業界で活躍。1919年43歳のとき、一切の社会的地位、財産を捨てて「統一哲医学会」を設立。10万人以上に教えを説く)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

西郷隆盛

幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。

その志を貫くためには、玉となって砕けることを本懐とすべきであって、

志をまげて瓦となってまで、

生きながらえるのは恥とする。

 西郷隆盛(1828-1877。幕末・維新期の政治家。薩摩藩士。同じ薩摩藩の大久保利通、長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。薩長同盟の成立や王政復古に成功し、戊辰戦争を巧みに主導した。勝海舟と交渉して江戸城無血開城を実現。新政府の陸軍大将・参議をつとめるが、征韓論政変で下野。帰郷して私学校を設立するが、77年私学校党に擁せられて挙兵(西南戦争)。敗れて城山で自刃した。)
posted by Arthur at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

セネカB

君が長生きするかどうかは、運命にかかっている。

だが、充実して生きるかどうかは、君の魂にかかっている

 セネカ
posted by Arthur at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。