2007年09月06日

ホセ・リサール

学びに学び、そして学んだことを熟慮するのだ。

人生は真剣なものであり、

知性と勇気を持つ者のみが、

その価値にふさわしく生きることができる。

 ホセ・リサール(1861-1896。フィリピン独立運動の闘士でフィリピンの国民的英雄。医師、作家でもあった。スペイン統治下のフィリピンで、文筆によってスペインの統治・弾圧を糾弾し、抵抗するよう民衆を鼓舞した。36歳の若さで志半ばにして捕らえられ、スペイン軍によって銃殺された)
posted by Arthur at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

船井幸雄

人の世の中で起こることはすべて必然、必要で、

振り返ってみれば

すべてベストタイミングで起きている。

 船井幸雄(1933-。経営コンサルタント、船井総合研究所創業者。大阪府出身。京都大学農学部卒業後、日本マネジメント協会経営指導部長などを経て、70年に日本マーケティングセンター設立。85年船井総合研究所に社名変更。単なる経営論にとどまらず、人生論にもつながる著書にはファンが多い。)
posted by Arthur at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

ウィリアム・ジェームズC

人生をもっとも偉大に使う使い方というのは、

人生が終わってもまだ続くような何ものかのために

使うことである。

 ウィリアム・ジェームズ
posted by Arthur at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

藤田田

人生に満塁ホームランはない。

ゴロやバントを狙え。

 藤田田(1926-2004。日本マクドナルド創業者。大阪市生まれ。東京大学法学部在学中に通訳アルバイトでユダヤ人米兵の自由な生き方に触れて感動し、在学のまま1950年に輸入雑貨販売店「藤田商店」を立ち上げる。その後、1971年に日本マクドナルド、1989年に「日本トイザらス」などを創業する。2004年4月21日、心不全のため享年78歳で死去)


 

posted by Arthur at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ショーペンハウアーA

人生の情景は、粗いモザイク画に似ている。

この絵を美しく見るためにはそれから遠く離れている必要がある。

間近にいては、それは何の印象も与えない。

 ショーペンハウアー
posted by Arthur at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

チャップリンA

人生はクローズアップで見れば悲劇。

ロングショットで見れば喜劇。

 チャーリー・チャップリン
posted by Arthur at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

グラハム・ベル

人の一生は、

どう生まれついたかではなく、

どう生きるかで決まる。

 アレクサンダー・グラハム・ベル(1847-1922。アメリカの発明家・物理学者。スコットランド生まれ。現在用いられる電話機の基本形を発明したことで知られる。AT&T社(ベル電話会社)の設立者としても有名。)
posted by Arthur at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

トム・ピーターズA

人生とは、ちり一つ落ちていない道の真ん中を優雅に歩いていくものではない。

進んだり戻ったり、ガードレールにぶつかったり、方向を修正し過ぎたりしながら、なんとか歩き続けるのである。

しかし、道に出なければ、方向を修正することすらできないのだ

 トム・ピーターズ
posted by Arthur at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

モンテーニュA

人生の価値は、その長さとは関係がない。

人生の価値とは、どのようにその時間を利用したかで決まるものなのだ。

あなたが十分に生きたかどうかは、

あなたが生きた年数ではなく、

あなたがどのような意志をもって生きたのかで決まる。

 モンテーニュ
posted by Arthur at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

エマーソンA

人を誠実に助ければ、必ず自分を助けることにもなる。

これは、人生における最も美しい事実のひとつである。

 エマーソン
posted by Arthur at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

モーリアック

私たちの人生は、

私たちがついやした努力だけの価値がある。

 フランソワ・モーリアック(1885-1970。フランスのカトリック作家。代表作は『愛の砂漠』『癩者への接吻』『愛の河』など。1952年ノーベル文学賞を受賞。)
posted by Arthur at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

V・E・フランクルA

あなたがいるだけで世界は意味をもつし、

生きている意味があると思わせる人生こそ最高だ。

 ヴィクトール・エミール・フランクル
posted by Arthur at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

アレキサンダー・ポープ

私たち一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、

理性は羅針盤、情熱は疾風。

 アレキサンダー・ポープ(1688-1744。イギリスの詩人。16歳で発表した『牧歌』で有名になり、23歳のときの『批評論』は一世を風靡。以後、英文壇の大御所として活躍)
posted by Arthur at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

キング牧師A

人は何のために生きているかをいつも考えねばなりません。

この問題が解決されるとき、その人は死についてあまり考えなくなります。

人生の意義はあなたが人生から逃れることでなく、何を与えるかなのです。

これがわかれば人生は豊かになります。

 キング牧師
posted by Arthur at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

アインシュタインA

あなたらしく生きる、そのための道は、後にも先にも二つだけです。

一つは、奇跡などありえない、とする道。

もう一つは、すべてが奇跡である、とする道。

 アルバート・アインシュタイン
posted by Arthur at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

ゲーテA

人生は全て次の二つから成り立っている。

したいけど、できない。

できるけど、したくない。

 ゲーテ
posted by Arthur at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

遠藤周作

一人の人間にはその運命と人生を決するような時が生涯、

一度は必ずあるものであり、

それを乗り切った瞬間、

彼の未来は全面的に変わるものだ。

 遠藤周作(1923-96。小説家。東京生まれ。慶応大仏文卒。代表作は『海と毒薬』『沈黙』など)
posted by Arthur at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

セネカ

人生は物語のようなものだ。

重要なのはどんなに長いかということではなく、

どんなに良いかということだ。

 セネカ(B.C.4?-A.D.65。古代ローマの哲学者・政治家。皇帝ネロの家庭教師を務めたことで有名)
posted by Arthur at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

エドモンド・スペンサー

人生は石材である。

これで神の姿を彫刻しようと、

悪魔の姿を彫刻しようと各人の心のままである。

 エドモンド・スペンサー(1552-99。イギリス・エリサベス期を代表する詩人。シェイクスピアと同時代に生き、『妖精女王』などの叙事詩を書いた)
posted by Arthur at 11:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

マルクス・アウレリウス

我々の人生とは、

我々の思考でつくりあげるものにほかならない。

 マルクス・アウレリウス・アントニヌス(121-180。ローマ皇帝。五賢帝の一人。哲人皇帝とも呼ばれ、ストア派後期の代表的人物に数えられる)
posted by Arthur at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。