2009年02月10日

ヘンリー・フォードB

失敗とは、

前よりも賢い方法で再挑戦するための機会にすぎない。

 ヘンリー・フォード
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

野口健

成功ばかりしている人の言うことには、

真実味がない。


 野口健(1973-。登山家。アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身。高校時代に故・植村直己氏の著書『青春を山に賭けて』に感銘を受け、登山を始める。1999年、エベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。 2007年5月にはエベレストを中国側(名称:チョモランマ)から登頂に成功。ネパール側・中国側両側から登頂に成功したのは日本人では8人目。2000年からはエベレストや富士山での清掃活動を始めるなど、積極的に環境問題への取り組みを行っている。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

ロス・ペロー

全ての失敗は、膝をすりむいたようなものだ。

少しばかり痛いが、傷は浅い。

 ヘンリー・ロス・ペロー(1930-。アメリカの実業家。テキサス州出身。米海軍兵学校を卒業後、IBMに入社。5年間勤務の後、EDSを起業する。1984年にEDSはゼネラル・モーターズに買収され同社の経営陣に名を連ねるが、馴染めずに退社。その後スティーブ・ジョブスが創業したNeXTに出資、1988年には新たにペロー・システムズを創業している。1992年の大統領選と1996年の大統領選に独立系候補として立候補した。)
posted by Arthur at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

ナポレオン・ヒルB

勝つためには、必ず備えていなくてはならない特質がある。

それは、断固とした目的、

自分が何を求めているかを知る力、

そしてそれを手に入れたいという激しい欲求である。

 ナポレオン・ヒル
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

オスカー・ワイルドB

経験とは

誰もが自分の失敗につける名前である。

(Experience is the name everyone gives to their mistakes.)

 オスカー・ワイルド
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

アインシュタインC

成功した人間になろうとするな。

むしろ、価値ある人間になろうとせよ。

 アインシュタイン
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

ドフトエフスキーB

人生でいちばん大事なことは、

失敗したらじっと歯をくいしばって我慢し、

成功してもすぐに有頂天にはならないことだ。

 ドフトエフスキー
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

アンソニー・ロビンズA

もし成功を望むなら、

もしすべての目標を達成したいなら、

成功とはプロセスであり、

生き方であり、

心の持ちようであり、

人生の戦略なのだと心得なければならない。

 アンソニー・ロビンズ
 
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

アンソニー・ロビンズ

成功とは、

到達すべき目的地ではなく、

前進し続けるプロセスなのだ。

 アンソニー・ロビンズ(1960-。アメリカの講演者・著述家。フォーチュン500社の企業のコンサルティングや、数々の著名人をコーチしてきた実績から、世界ナンバーワン・カリスマコーチと称される。主な著作に『一瞬で自分を変える法』『一瞬で「自分の夢」を実現する法』など。)
posted by Arthur at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

スティーブン・コヴィー

成功へのハシゴに足をかける前に、

それが目当てのビルに立てかけてあるか確かめよ。

 スティーブン・R・コヴィー(1932-。アメリカの作家・経営コンサルタント。1952年、ユタ大学卒業。1957年ハーバード大学でMBA取得。その後、ブリガムヤング大学で学長補佐、および経営管理と組織行動学の教授を務め、現在はフランクリン・コヴィー社の共同創設者であり副会長。『7つの習慣』の著者として世界的に有名。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

金森重樹

僕にとって失敗というのは、

学びを得るため、

知識の書き換えの機会を得るための実験なんです。

失敗しないと実際の学びは得られないんですよ。

 金森重樹(1970-。通販大家さん代表。東京大学法学部卒。インターネットマーケティングの第一人者として知られる。)


 

posted by Arthur at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

アルフレッド・スローン

失敗を気にしていては革新はできない。

打率三割といえば強打者と呼ばれるが、

それはつまるところ十回のうち

七回までが失敗だったということである。

 アルフレッド・スローン(1875-1966。GM(ゼネラル・モーターズ)元会長。1923年から1946年までGMのCEOを務め、経営危機にあったGMを立て直した。事業部制や業績評価など、現代にも大きな影響を与えるマネジメントの基本原則を打ち出した。63年に著した『GMとともに』は、瞬く間にベストセラーとなり、経営者のバイブルとして今なお読み継がれている。)
posted by Arthur at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

カルロス・ゴーンB

子どもは字を習う時、ペンではなくて消しゴムで覚えるんですよ。

何度も消しては正しくなるまで書く。

失敗は学習の基本です。

失敗を好きな人はいない。

繰り返したくないから学習するんです。

 カルロス・ゴーン
posted by Arthur at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

福沢諭吉A

人間は、

負けるとわかっていても、

戦わねばならない時がある。

だから、

たとえ負けても勝っても、

男子は男子なり。

勝負をもって人物を評することなかれ。

 福沢諭吉
posted by Arthur at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

カーライルA

失敗の最たるものは、

失敗したことを自覚しないことである。

 カーライル
posted by Arthur at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

柳井正

僕はずっと失敗してきた。

今までのどのビジネスでも一勝九敗くらい。

唯一成功したのがユニクロです。

 柳井正(1949-。「ユニクロ」創業者。ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長。山口県生まれ。早稲田大学卒業後、ジャスコ(現在のイオン)に入社したが、9ヶ月で退職し、父親の経営する小郡商事に入る。1984年に社長就任。第一号店を広島市に出店し、「ユニクロ」という店名でカジュアル小売業に進出。一代で世界に500店舗を展開する大企業に育てあげた。)
posted by Arthur at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

勝海舟A

事を遂げる者は愚直でなければならぬ。

才走ってはうまくいかない。

 勝海舟
posted by Arthur at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

渋沢栄一A

成功には嫉妬が伴い、

成功者の多くは老獪と目されやすい。

地位と名誉には、

それぞれ付随する慎みがあることを忘れてはならぬ。

 渋沢栄一
posted by Arthur at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ロングフェロー

偉大な人が到達し、

かつ保持している高みというものは、

突然跳んで到達したものではなく、

そういう人たちは仲間が寝ている夜の間でも、

向上のための努力を続けていたのだ。

 ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー(1807-1882。アメリカの詩人・学者。北欧諸国の文学と言語を研究し、ヨーロッパ文化とアメリカ文化の相互理解に尽力。感傷的な詩が多く、快いリズムが特長。代表作は『人生賛歌』『ユヴァンジェリーン』など)
posted by Arthur at 17:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

畑村洋太郎

新たな行動を何も起こさないというのは、

ある意味での失敗なのです。

 畑村洋太郎(1941-。工学院大学教授。「失敗学」の生みの親。東京大学工学部修士課程修了後、日立製作所でブルドーザーの開発設計に従事。その後、73年東京大学工学部助教授、83年同大学大学院工学系研究科教授に就任。01年より現職。)


 
 
posted by Arthur at 21:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。