2009年03月05日

アイゼンハワーB

戦闘の作戦を練っているときにいつも思うのは、

計画そのものは無用だが、

計画立案のプロセスは絶対に必要だということだ。

 ドワイト・アイゼンハワー
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

ハンニバル

道がなければ、道を造れ。

 ハンニバル・バルカ(B.C.247-B.C.183。カルタゴの名将。第二ポエニ戦争でアルプス越えを果たし、ローマ軍を大破した。特にカンネー(カンナエ)において、兵力に勝るローマ軍を一方的に包囲殲滅したのは、戦史に語り継がれる名戦術とされる。後にローマの将軍スキピオに敗れ、小アジア方面に亡命し、自殺した)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

チェ・ゲバラ

もし我々が空想家のようだといわれるならば、

救いがたい理想主義者だといわれるならば、

できもしないことを考えているといわれるならば、

何千回でも答えよう、

そのとおりだ、と。

 チェ・ゲバラ(1928-67。中南米の革命家。アルゼンチン生まれ。キューバ革命に参加し、カストロ政権下で要職を歴任。ボリビアでゲリラ軍の指揮中に捕えられて処刑される。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

徳川家康A

多くを与えねば働かぬような家臣は役に立たぬ。

また、人間は豊かになりすぎると、

結束が弱まり、

我説を押し通す者が増えてくる。

 徳川家康
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

山本五十六A

苦しいこともあるだろう。

言いたいこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。

泣きたいこともあるだろう。

これをじっとがまんしていくのが男の修業だ。

 山本五十六
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

ユリウス・カエサル

人間ならば、誰もがすべてを見ているわけではない。

多くの人は見たいと欲する現実しか見ない。

 ガイウス・ユリウス・カエサル(B.C.100頃〜B.C.44。古代ローマの軍人、政治家。B.C.60年、ポンペイウス、クラッススと共に第一回三頭政治を実現。世界国家の実現を目指し、ガリアを討ち、後にポンペイウスと争って滅ぼし、各地の内乱を平定した。ローマに帰って独裁者の地位に就いたが、元老院議員たちの謀略によって暗殺された。)
posted by Arthur at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

伊達政宗

この世に客に来たと思えば、何の苦もなし、

朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし。

元来客の身なれば、好き嫌いは申されまじ。

 伊達政宗(1567-1636。安土桃山時代・江戸時代初期の武将。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、独眼竜と呼ばれた。父の跡を継ぎ奥羽に覇をとなえた。関が原の戦いおよび大阪の陣で功を立て、仙台62万石の基盤を確立した)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

武田信玄

およそ戦というものは、

五分をもって上とし、

七分を中とし、

十分をもって下とす。

五分は励みを生じ、

七分は怠りが生じ、

十分は驕りを生ず。

 武田信玄(1521-1573。戦国時代の武将。名は晴信。信玄は法名。1541年父を追放して甲斐国主となり、甲州法度を定める。近隣諸国を攻略し、上杉謙信と川中島で戦いながら勢力を広げ、信濃をほぼ平定する。上洛の途上、三河で病を発し、伊那駒場にて病没した)
posted by Arthur at 21:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

足利尊氏

他人のあくを能(よ)く見る者は、

己が悪これを見ず。

 足利尊氏(1305-1358。鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。室町幕府の初代征夷大将軍。元弘の乱のときに六波羅を陥れて建武親政のきっかけを作ったが、のちに叛いて光明天皇を擁立し、室町幕府を開いた)
posted by Arthur at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ナポレオンA

世界に力はふたつしかない。

剣と精神だ。

長い目で見れば、剣は必ず精神に敗れる。

 ナポレオン・ボナパルト
posted by Arthur at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

劉備玄徳

そもそも大事を成し遂げるためには、人間を基本としなければならない。

いま人々が私に身を寄せてくれているのだ。

私は見棄てて去るに忍びない。

 劉備玄徳(161-223。中国、三国時代の武将。蜀の創始者。関羽、張飛と結び、諸葛亮孔明を参謀とし、呉の孫権と協力して魏の曹操を赤壁の戦いで破る。蜀(四川)を平定して、221年自ら帝位についた)
posted by Arthur at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

源義経

勝つということは味方に勝つことである。

味方に勝つというのは我に勝つことだ。

我に勝つというのは気を以って体に勝つことである

 源義経(1159-89。幼名は牛若。1180年兄頼朝の挙兵に応じて源義仲を討ち、さらに平氏を一谷・屋島・壇ノ浦に破った。しかしその後、勝手に官位を受けたことで頼朝の怒りを買い、その後自立の動きを見せた為対立し朝敵とされ、藤原泰衝に攻められ衣川の館で自刃した)
posted by Arthur at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

織田信長

仕事は探してやるものだ。

自分が創り出すものだ。

与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。

 織田信長(1534-1582。安土桃山時代の武将)
posted by Arthur at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

徳川家康

平氏を亡ぼす者は平氏なり。

鎌倉を亡ぼす者は鎌倉なり。

 徳川家康(1542-1616。264年続いた江戸幕府を開いた)
posted by Arthur at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 武将・将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。