2008年03月26日

ガウディ

創造的たろうとして脇道にそれてはならない。

通常なされていることを観察し、

それをよりよくしようと努力すればそれでよい。

 アントニ・ガウディ(1852-1926。スペイン・カタルーニャ出身の建築家。18世紀後半から19世紀初頭にかけておこったアール・ヌーヴォーのスペインでの潮流であるモデルニスモ期を代表する建築家。首都バルセロナを中心に30点ほどの建築物が残されている。代表作としてはサグラダ・ファミリアがあまりにも有名で、世界遺産にも登録されている。ほかにグエル公園やカサ・バトリョ、カサ・ミラなどがある。)
posted by Arthur at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ベートーベンA

常に行為の動機のみを重んじて、帰着する結果を思うな。

報酬への期待を行為のバネとする人々の一人となるな。

 ベートーベン
posted by Arthur at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

ミレー

他人を感動させようとするなら、まず自分が感動せねばならない。

そうでなければ、いかに巧みな作品でも決して生命ではない。

 ジャン=フランソワ・ミレー(1814-75。19世紀に活躍した写実主義の農民画家。代表作は『種まく人』『落穂拾い』『晩鐘』など)
posted by Arthur at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

ゴッホ

あなたのインスピレーションやイマジネーションを抑えてはならない。

『模範』の奴隷になるな。

 フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-90。後期印象派を代表する画家。オランダで生まれフランスで活動した)
posted by Arthur at 14:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸術家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。