2008年06月24日

ガンジーD

善きことは、

カタツムリの速度で動く。

 マハトマ・ガンジー
posted by Arthur at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

タゴールC

心が怖れをいだかず、頭が漠然と高くもたれているところ。

知識が自由であるところ。

世界が 狭い国家の壁でばらばらに引き裂かれていないところ。

言葉が 真理の深みから湧きいずるところ。

たゆみない努力が 完成に向かって両腕をさしのべるところ。

感性の清い流れが 形骸化した因習の干しからびた砂漠の砂に吸い
込まれ 道を失うことのないところ。

心が ますます広がりゆく思想と行動へと、御身の手で導かれ前進するところ。

そのような自由の天国へと、父よ、我が地球を目覚ましめ給え。

 タゴール
posted by Arthur at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

ナイチンゲールA

最大の辛苦は

保身しか考えない人を相手にすることです。

 ナイチンゲール
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

タゴールB

君の呼びかけに、だれも答えないならば

君よ、我が道を一人征け。

皆が恐れを抱いて沈黙するならば

君よ、開いた心と恐れなき声をもって、

ただ真実のみを語れ。

 タゴール
posted by Arthur at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

シュバイツァーB

緑色の信号を見る人は楽観主義者。

赤色の信号を見る人は悲観主義者。

本当に賢い人は色盲です。

 アルベルト・シュバイツァー
posted by Arthur at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

法然

一丈の堀を越えんと思わん人は、

一丈五尺を越えんと励むべきなり。

 法然(1133-1212。平安時代末期から鎌倉時代初期の僧侶。浄土宗の開祖。法然は房号で、諱は源空。比叡山に入り、皇円・叡空に師事。43歳のとき専修念仏に帰し、東山吉水で浄土法門を説く)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

ジェームズ・アレンD

人は、自分が望んでいるものではなく、

自分と同じ種類のものを引き寄せます。

私たちが受け取ることのできるものは、

私たちが欲しがるものではなく、

私たちが受け取るにふさわしいものなのです。

 ジェームズ・アレン
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

トマス・フラー

足のつまづきはやがて癒えるかもしれないが、

舌のつまづきは時を経て償えるというものではない。

 トマス・フラー(1608-1661。イギリスの聖職者。1660年の王政復古後は、チャールズ二世の特別牧師になった)
posted by Arthur at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

ジョセフ・マーフィー

「不可能なことはない」と信じ続けなさい。

そうすれば信じたとおりの現実に遭遇するだろう。

 ジョセフ・マーフィー(1898-1981。アメリカの教育者。ニューソートの牧師でもある。潜在意識を活用することで、自らや周りの人さえも成功へと導く『マーフィーの成功法則』を提唱した。)


 
posted by Arthur at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

シュバイツァーA

人は自分が抱えている問題を環境のせいにすることをやめ、

意志の力を発揮することをあらためて学ぶ必要がある。

それは我々一人ひとりの責務なのだ。

 アルベルト・シュバイツァー
posted by Arthur at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

ガンジーB

世界に変化を望むのであれば、

まず自らがその変化になれ。

 マハトマ・ガンジー
posted by Arthur at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

新渡戸稲造A

名誉は「境遇から生じるものではなく」て、

それぞれが自己の役割をまっとうに努めることにあるのだ、

ということに気づいているのは、

ごくわずかの高徳の人々だけである。

 新渡戸稲造
posted by Arthur at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

マザー・テレサC

沈黙の結実は祈りであり、(The fruit of silence is prayer.)

祈りの結実は信仰であり、(The fruit of prayer is faith.)

信仰の結実は愛であり、 (The fruit of faith is love.)

愛の結実は奉仕であり、 (The fruit of love is service.)

奉仕の結実は平和である。(The fruit of service is peace.)

 マザーテレサ
posted by Arthur at 15:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

新渡戸稲造

この世には完全無欠の物もなければ、

全然無用の品もない。

我々の親にも子にも友人にも欠点があれば、

我々の憎み嫌う人にも特長がある。

 新渡戸稲造(1862-1933。札幌農学校の二期生として、同期の内村鑑三、宮部金吾らとともに、「イエスを信ずるものの誓約」に署名し、事実上キリスト教の洗礼を受けた。東京帝国大学進学後、「太平洋のかけ橋」になりたいとアメリカに留学。一高校長、東京帝国大学教授、拓殖大学学監、東京女子大学学長などを歴任し、1920年の国際連盟設立に伴い事務次長に選ばれる。著書『武士道』は流麗な英文で書かれ、国際的な名著として知られる)
posted by Arthur at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

ガンジーA

弱い者は、許すということができない。

許すことができるのは、強い者だけだ。

 マハトマ・ガンジー
posted by Arthur at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。