2008年07月10日

石橋正二郎A

世の中のためになる仕事をすれば、求めなくても金は集まる。

集まった金は贅沢をせず生かして使え。

 石橋正二郎
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お金・富 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

リンカーンC

自分が今どこにいて、

どこに向かっているのかわかれば、

何をどのようにすればいいのかがもっとよくわかる。

 アブラハム・リンカーン
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

後藤新平

金を残して死ぬものは下だ。

仕事を残して死ぬものは中だ。

人を残して死ぬものは上だ。

 後藤新平(1857-1929。明治・大正・昭和初期の政治家。外科医でもある。台湾総督府民政長官、南満州鉄道株式会社総裁、内務・外務大臣等を歴任。その後、東京市長、関東大震災直後に内務大臣・復興院総裁として帝都の復興計画を立案し、東京の近代都市としての骨格を作り上げる。晩年は政治活動のほか、青少年の育成にも尽力し、ボーイスカウト日本連盟の初代総長を務めた。)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

マルティン・ブーバー

人は始めることさえ忘れなければ、

老いることはない。

 マルティン・ブーバー(1878-1965。オーストリア出身のユダヤ哲学者。他者と自己のうちに等しく「神」を見出す“我と汝”の思想は、アインシュタインをはじめ多くの偉人からの共感を得た。ユダヤ人でありながらもイスラエルとアラブの和解のために生涯を捧げ、両民族から等しく尊敬された。主な著書は『我と汝』『対話的原理に関する書』など)
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

ガンジーD

善きことは、

カタツムリの速度で動く。

 マハトマ・ガンジー
posted by Arthur at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

松下幸之助D

今日の最善は、

明日の最善ではない。

 松下幸之助
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ドフトエフスキーC

新しい一歩を踏み出す。

新しい一言を発する。

そういうことが、人々が最も恐れることだ。

 ドフトエフスキー
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢・挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

タゴールC

心が怖れをいだかず、頭が漠然と高くもたれているところ。

知識が自由であるところ。

世界が 狭い国家の壁でばらばらに引き裂かれていないところ。

言葉が 真理の深みから湧きいずるところ。

たゆみない努力が 完成に向かって両腕をさしのべるところ。

感性の清い流れが 形骸化した因習の干しからびた砂漠の砂に吸い
込まれ 道を失うことのないところ。

心が ますます広がりゆく思想と行動へと、御身の手で導かれ前進するところ。

そのような自由の天国へと、父よ、我が地球を目覚ましめ給え。

 タゴール
posted by Arthur at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教者・精神指導者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

マッカーサー

人は年月を経るだけで老いるのではない。

理想を捨てることによって老いるのだ。

年月は肌にしわを刻むが、好奇心を捨てると魂にしわができる。

 ダグラス・マッカーサー(1880-1964。元アメリカ軍元帥。アーカンソー州生まれ。1903年、米国陸軍士官学校を卒業し、職業軍人の道を歩んだが、1937年に退役。その後、1941年、軍に復帰し、太平洋戦争に際しては、連合国軍西南太平洋方面司令官として対日反攻作戦を指揮した。1945年、終戦に伴い、GHQ(日本進駐連合国軍総司令部)最高司令官に就任。1950年、朝鮮戦争の勃発に伴い、国連軍最高司令官に就任し、米韓連合軍を指揮。しかし、トルーマン大統領と戦争方針で対立し、1951年に解任され帰国した。)

posted by Arthur at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢・挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

ロス・ペロー

全ての失敗は、膝をすりむいたようなものだ。

少しばかり痛いが、傷は浅い。

 ヘンリー・ロス・ペロー(1930-。アメリカの実業家。テキサス州出身。米海軍兵学校を卒業後、IBMに入社。5年間勤務の後、EDSを起業する。1984年にEDSはゼネラル・モーターズに買収され同社の経営陣に名を連ねるが、馴染めずに退社。その後スティーブ・ジョブスが創業したNeXTに出資、1988年には新たにペロー・システムズを創業している。1992年の大統領選と1996年の大統領選に独立系候補として立候補した。)
posted by Arthur at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功・失敗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。